HOME

What's New(新着情報)

美容外科の必要性

美容外科、と聞くと顏を美しくしたい人やスタイルをよくしたい人が通うところ、といったイメージが強いかと思います。実際プチ整形という言葉もあるとおり、少し目を大きくしたい、鼻をスッキリさせたいというような目的で通う人も多いかと思います。

でも美容外科、というのはそういった美を向上させたいという意識で通うほかに、日常生活を送るうえで不便があるからといった理由で足を運ぶ方もいるようです。けして怒っているわけではなく、機嫌が悪いわけでもないのに目つきが悪いせいで不愛想に見える、といったことがある人はサービス業の職種についていると不便に感じることがあるのではないでしょうか。就職の面接でも愛想よく見えるのと見えないのとではだいぶ面接官に与える好感度も違ってくるのではないでしょうか。

美人かそうでないか、ということで美容外科を訪れるのではなく、印象良く見せるために顔のバランスを整える人もいるのではないかと思います。事故などで顔に傷が残った場合も同じように日常生活で人と普通に会うために美容外科を必要とする人もいるという事です。そういう意味でも美容外科というのは人を救うのに大事な科であると思います。

そして職業でダンサーなどをしている方はプロポーション維持も大事かと思います。特にグループで踊る場合は周りのダンサーさんとのバランスも必要なので、職業上、美容外科で胸、足、おしりなどのバランスを整える方もいるようですね。

 

HOME